格付情報の入手方法とその信ぴょう性について


格付け情報とは、企業・債券等の信用度に応じて格付けされる情報のことで記号や数字を利用し併せて表記されます。この情報は、格付機関という専用の機関によって表記され、団体が発行する株価・債券価格の値動きにも影響するケースが多いです。

 

 

 

そのため、積極的に投資を行う人にとっては、一つの投資を行うべき基準にもなります。ただ信用機関が独自のルートで入手した情報に基づいての評価でもあり、あくまでもその機関が発行する主観的な情報と言うことが出来ます。

バレーボール

 

 

また公平性や平等性を担保するため、複数人のアナリストによる評価で格付を決定する場合もあります。よく信用機関の情報が、新聞やネットにおけるニュース等でも報道されることもあり、団体から出る材料によって格付けが上がったり、下がったりするケースもよく見られます。

 

 

 

そのため、一番、入手方法として多いのは、リアルタイムに報道されるニュースによってで、それ以外には格付機関のHP・雑誌で各種団体の格付けを見ることが出来ます。また信ぴょう性についてもおおむね正確でもありますが、幾つかの信用機関によっては評価に違いが見られることも当然あります。

 

 

 

そして、サブプライムローンの問題が世界的に起こったときに、大手の格付機関が破綻寸前の投資適格がない団体を適正と評価されていたこともあるため、必ずしも鵜呑みをすることは出来ないです。しかも投資適格が優れているからとしても、その団体の将来性・成長力があるか否かについてまでも評価を下すことが出来ない点もあります。

コメントは受け付けていません。