債券の格付けと格付会社の役割


債券にはデフォルトリスクがありますが、それがどれくらいのリスクなのかを知るためにはいろいろな知識が必要です。素人にはなかなか難しいことだと言わざるを得ないでしょう。どれくらいのリスクがあるのか分からなければ、買うことを躊躇してしまう可能性があります。それによって資金の供給量が減って金利があがり、資金調達コストが上がる可能性があります。

 

 
このようにならないようにするために、企業は信用力を高めるのですが、自社で広報をするよりも第三者機関の評価を得る方が信用力は高くなるでしょう。このような評価を行っているのが格付会社です。企業は発行するときに、格付会社に依頼して評価してもらい、そしてそれを格付けとして公開します。投資家は、これを見てデフォルトリスクがどれくらいあるのかを知ることができます。一目で分かるようになっていますから、これを見て投資家は簡単に判断でき、投資しやすくなります。これが流動性にも寄与しています。

 

 
ですから、格付会社は、格付けを公開することが目的なのですが、市場全体として見たときには資金調達を簡単に行えるようにしていますし、企業にとっては資金調達コストの低下につながっていると考えられます。

コメントは受け付けていません。